365日24時間対応!一般のご家庭からビル・工場・倉庫まで電気の事なら何でも(株)田部井電気にご相談下さい。

火災警報器

火災警報器の設置が法律で義務付けられているけど、どうしたら良いか分からない。
自分で付けられない。

という方へ

住宅用火災警報器は、天井や壁に煙や熱を感知して音を出し、火災の発生や可能性をお知らせします。
火災による死傷者が急増しているので、逃げ遅れ等の事故を減らす為に、全ての住宅にも火災警報器の設置が義務付けられました。
警報器は、煙で反応するタイプと熱で反応するタイプがあり、現在義務付けされているものは寝室や階段などに使用する煙感知式です。

電池式と家庭用電源(AC100V)のものがあり、家庭用電源のものは単独型と連動型があります。
単独型は火災を感知した警報器のみが警報音を鳴らし、連動型は接続された全ての警報器が警報音を鳴らします。

※家庭用電源のものは配線工事が必要となります。配線工事につきましては、電気工事士の資格が必要です。


お困りの事がありましたらお気軽にお問合せ下さい。

PAGETOP